About taniguchi

この作成者は詳細を入力していません
So far taniguchi has created 8 blog entries.

夏季休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 さて、誠に勝手ながら、弊社では以下の期間中を夏季休業期間とさせていただきます。 ・休業期間 令和4年8月13日(土)~令和4年8月16日(火) ・業務開始 令和4年8月17日(水) 午前8時 ※ 直売店は夏季無休(10:00~17:00)で営業しています 夏季休業期間中のお問い合わせにつきましては、夏季休業期間後の回答とさせていただきます。ご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようよろしくお願いいたします。

2022-08-12T12:14:15+09:002022.08.01|

商品価格改定のお知らせ

株式会社谷口農場は、加工製品とお米の価格を、2022年9月1日(木)のご注文分から改定いたします。 種や苗、肥料の価格高騰に加え、包材をはじめとする資材価格、栽培ハウス暖房などのエネルギー費、さらには物流費も上昇が続いています。こうした中、弊社は可能な限りコスト削減に取り組みながら、安心・安全で環境と人に優しい農業生産法人として努めてまいりました。 しかしながら、コスト上昇に歯止めがきかない状態が続き、企業努力だけでは吸収できない大変厳しい状況となっております。 つきましては、品質の維持・向上に努めながら、以下商品の価格を改定させていただくことになりました。今後も企業努力を行ないながら、安心・安全な商品をお届けし、お客様にご満足いただける商品の提供に努めてまいりますので、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。     記   ◆価格改定実施日 2022年9月1日(木)ご注文分から [...]

2022-07-28T13:23:07+09:002022.07.28|

「北のハイグレード食品2022」に選定

北海道旭川市で6次化事業に取り組む農業生産法人の株式会社谷口農場(北海道旭川市東旭川町、代表取締役社長・谷口 威裕)は、当社が製造販売を行う「豆乳仕立てのコーンスープ」が、2月22日発表の北海道経済部主催 “北のハイグレード食品2022” に選定されましたので、お知らせいたします。 「北のハイグレード食品」とは、2011年よりスタートした制度で、一流シェフやカリスマバイヤーなど「食」分野の第一人者が集う北海道「食サポーター」等による選考を経て、道産食品のトップランナーを選考、その食品が持っている“ONLY1”の魅力を広くPRし、道産食品の販路拡大、食材や製法に対する生産者の「こだわり」を発信することで、道産食品全体の更なる魅力アップを目指すものです。 2022年度は過去最多の117品の応募があり、当社商品を含め17品目が選定されました。     谷口農場 2022年3月2日プレスリリース

2022-03-05T10:31:05+09:002022.03.02|

豆乳仕立てのコーンスープ 新発売!

株式会社谷口農場(北海道旭川市東旭川町、代表取締役社長・谷口 威裕)は、このたび新しく製造開発した「豆乳仕立てのコーンスープ」を2月1日(月)より本格発売いたします。 農場独自の「ぼかし堆肥(牛フン、米ぬか、もみ殼、海藻の粉末などで作った堆肥)」と昼夜の寒暖の差が育んだ、甘いとうもろこしの旬のおいしさをまるごと閉じ込めました。 主要原材料は谷口農場産とうもろこし、大豆(豆乳)、北海道産バターと塩を使用し、北海道素材にこだわりました。とうもろこしの甘さと相性の良い豆乳仕立てで、温めても冷やしても美味しいスープです。寒さが厳しい今はもちろん、暑さで食欲が落ちた時などにもぴったりです。 豆乳仕立てのコーンスーププレスリリース

2021-02-17T15:43:49+09:002021.02.01|

産地連携 『小笠原パッションフルーツゼリー』『宮崎西都マンゴーゼリー』新発売

   株式会社谷口農場(代表取締役社長:谷口 威裕 旭川市東旭川町共栄255)は、8月3日(月)より、新商品『小笠原パッションフルーツゼリー』『宮崎西都マンゴーゼリー』の販売を開始します。   谷口農場は北海道内の取引先とPBの商品を共同で開発をしてきましたが、「本州産」を主原料にした加工品は初めての試みとなります。 今春弊社取引先である株式会社日本果汁様から新型コロナウイルスの影響で東京都小笠原村のパッションフルーツ、宮崎県西都市のマンゴーの加工商品開発を依頼されました。弊社では小規模の製造LOTで対応できるミニカップゼリーのラインがあり、試作を繰り返して今回の商品化に至りました。   販売先は農場直売店、小笠原諸島、宮崎西都市、高級スーパーを予定しております。   <商品概要> [...]

2020-08-07T12:46:55+09:002020.08.02|

『大雪の恵み収穫祭2020』の開催中止のお知らせ

謹啓 「蝦夷梅雨」と思えるうっとうしい空模様が続いておりますが、皆様にはご健勝でお過ごしのことと存じます。標記事業に対しまして、毎年多大なご協力をいただいておりますことに心より厚くお礼申し上げます。 さて、私たちの平穏な生活を一変させたコロナウィルスの脅威は、5月末の緊急事態宣言の解除後も続き、流行の第2波、第3波の到来に身構える毎日であります。専門家の所見では、ウイルス変異に伴うワクチン開発も含め数年にわたる長い戦いになると予想されており、日常の暮らしぶりも大きく変化せざるを得ない事態に至っております。 こうした状況を受け、来る9月6日(日)に開催を予定しておりました《大雪の恵み収穫祭》を、正副委員長判断でやむなく中止することに決定いたしました。毎年2000人を超える参加者数、しかも幼児、小学生たちが圧倒的に多く滞在時間が長い点から《3密回避》が難しく、感染リスクの高まりは避けられないとの判断から開催を断念することにしたものです。 長い歴史を誇る市内有数のイベントであり、参加を楽しみにされている方も大勢だとは承知しておりますが、諸般の状況を総合的に検討した結果だとご理解をいただきたいと存じます。今日までの皆様方のご協力、ご支援に改めて深く感謝申し上げ、今後とも変わらぬご厚誼を賜りますよう謹んでお知らせとさせていただきます。   謹白

2020-07-06T10:31:00+09:002020.07.01|

賞味期限・精米年月日の表示の変更についてのお知らせ

謹啓 時下ますますご清栄のことと拝察申し上げます。日頃より格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 この度、トマトジュース等の加工品は7月1日製造分より賞味期限の表記を年月日から年月に変更いたします。賞味期限の表記の変更の理由といたしましては日付管理から月管理になることで、食品ロス削減や物流の効率化を図るのが目的です。 併せて、お米の精米日の表記は年月日から年月旬に変更いたします。お米の精米日の表記の変更の理由は2020年3月27日付官報で、食品表示法・食品表示基準の改正に準ずるものです。   変更詳細は下記の通りです。何卒宜しくお願い申し上げます。 敬白     記   [...]

2020-06-09T12:13:11+09:002020.06.05|
Go to Top